2017年度 12

ぎふ清流文化プラザ南側庭園 和綿の片付け
日時/12月4日(月)・12月5日(火)9:30~10:30
場所/プラザ1F庭園
内容/和綿の片付け(藍の片付けも含む)。堆肥の入れ込み
参加者/約7名 清流園 他



光陽福祉会後援会 栽培していただいた綿の受け取り
日時/12月15日(金)13:00頃
場所/プラザ1F岐阜県教育文化財団事務所
内容/平成29年度から、アソシエイツメンバーに加わっていただいている、

光陽福祉会後援会。今年から、5名の方を中心として

tomoniつながる和綿プロジェクト」の綿を育てていただいた。

収穫された綿について、出来る限りで種と綿に分けていただき、

財団事務所へお持ちいただいた。
(合計287gの綿を寄付いただいた。)

 


特別支援学校生 職場体験
日時/12月15日(金)10:00~11:30
場所/プラザ1F岐阜県教育文化財団事務所
内容/財団内で行っている、障がい者の文化芸術振興事業のコーディネーターに、

特別支援学校より職場体験についてご相談をうけ、

綿の種を取る綿繰りを体験していただくこととなった。

学生の方には庭園で収穫した綿82.5gから、綿17.4gと種65.1gへと分けていただいた。
 


岐阜本巣特別支援学校 栽培していただいた綿の受け取り
日時/12月18日(月)10:50~11:30
場所/岐阜本巣特別支援学校(岐阜市西秋沢2-363-1)
内容/平成29年度から、サポートメンバーに加わっていただいる、

岐阜本巣特別支援学校。1年生、3年生の生徒4名と先生方で、授業の一環として

「tomoniつながる和綿プロジェクト」の綿を育てていただいた。

今回の授業では、種まきから収穫までの振り返り、

また綿から何ができるかについての説明をされた。

その後、綿の贈呈式を行っていただいた。
(合計104gの綿を寄付いただいた。)
事務局としては、プロジェクトの概要説明

寄付の御礼としてtomoni缶バッジをお渡しさせてただいた。 
参加者/岐阜本巣特別支援学校1・3年生 生徒 4名。
学校関係者(校長、担任など)4名。
岐阜県教育文化財団 土屋障がい文化芸術アドバイザー他1名

畑の現状確認。収穫
12月18日(月)11:40~11:50
場所/ともに綿花ファーム
内容/ともに綿花ファームの状況確認をした所、前回の収穫後に育った綿があった
ため、収穫を行った。
参加者/2名

tomoniつながる和綿プロジェクト推進チーム事務局

〒502-0841 岐阜県岐阜市学園町3-42ぎふ清流文化プラザ1階

(公財)岐阜県教育文化財団内

TEL.058-233-8164 FAX.058-233-5811